記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャリに乗る時に持つバックのお勧めあったら教えてください。

チャリに乗る時に荷物を持ち歩くバックが必要で乗り始めて以来色々なバックを使ってきました。その遍歴をまとめてみました。
「自分だけのオリジナルな物を持ちたい」という妙な癖があり、チャリ用のバックをそのまま買おうとしませんでした。その時にリクセンカウルのKLICKfixというのをネットで見つけ「これだ!!」と飛びつきました。とにかくこれさえあれば、普通にあるどんなバックでもチャリのフロントバックとしてハンドルバーに取り付けられるようになるからです。
KLICKfix_convert_20160307114603.jpg
これを購入したことで、今まで5年間で何度もバックを買い替えるというバックの旅が始まりました。

フロントバッグ+初代_convert_20160307115045
その栄えある初代がColemanのショルダーバッグです。これを買って早速、ハンドルバーに取付れるよう改造しました。しかし、写真の通りバックが大きくて不格好、おまけに物を入れると垂れ下って前輪に干渉してしまい。走っているとバックの底にタイヤのすれた跡がついてしまいました。しかたなくしばらくは物を入れずに使ってました。

フロントバッグ 二代目_convert_20160307115151 
それでも半年ぐらいは使っていたのですが、その後、たまたま洋服を買いに入ったお店でAdidasのバックが安かったのをみつけて衝動買い。しかし、これも大きくてNG。そんなことは見た時に分かるはずですが、剛性が合って下がってこないから大丈夫と言い聞かせ購入、しかし結果は失敗。

フロントバッグ 三代目_convert_20160307115110

それで三代目は信念を貫かず、既製品の自転車フロントバックを購入、確かに造りはしっかりしてるし、自転車への納まりもよくルックス申し分なしでした。しかし。これが気に入らない。あまり物が入らないのです。財布、スマホ、老眼鏡、ウィンドブレーカーでいっぱいになってしまいます。さぁ、そうなると、もう気に入らない。またしても旅が始まりました。
フロントバッグ 四代目_convert_20160307115206   フロントバッグ 六代目_convert_20160307115218

四代目、五代目は近くのホームセンターで見たノーブランドのビジネス用ショルダーバック。この四代目は縦寸も短く、納まりも悪くなく、しばらくは気に入って使ってました。特に問題はなかったのですが、別件でホームセンターへ行った時に五代目に出会ったのです。大きさは似たようなもので特に買い替える必要性も無かったのですが¥980に釣られて買ってしまいました。(意味ねー)
そしてこのバック剛性が無いので、剛性を出すためにわざわざプラスチックの板を別で購入し中に入れたりしました。結局、高くつきました。このころになるとさすがに愚かなことをしていると自己反省。とにかく毎年バックを変えています。安い物を買っていますが、改造にかける手間暇、部品代を考えると馬鹿になりませんし、持ち物といっても、よく考えればサドルバックやウェアのポケットを利用すれば納まる程度の物です。何故、こんなにあれこれ買ってしまったのか、かけたお金を計算するとチャリの部品代に回しとけばよかったなと後の後悔、先に立たず。で終わりにしようと思っているところへColemanのヒップバック、「そうだ、今までのバックはショルダーバックだったけどこれはヒップバックだ、これならバックを腰につけたままでも走れるじゃないか」と、意味がありそでなさそなことを思いつき買ってしまいました。

フロントバッグ 七代目_convert_20160307115132

実はこのバックが一番寿命が長く、もうかれこれ2年は使っています。とうとう私のバックの旅も終わったようです。

追伸、昨日 雑貨屋でこれ見つけたんですけど、これフロントバッグに良さげじゃないですかね。
mobus_convert_20160307124539.jpg






コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

OYJ 61

Author:OYJ 61
昨年還暦を迎えました。自分の時間が取れるようになったので、自分史を何処かに綴ってみたいと思い始めました。「他人の噺なんかどうでもええは」という声が耳元でしています。
そんなのは無視し、内容は趣味の自転車を中心にしようと思っています、その他にはアメリカ6年半、イタリア2年半の滞在経験もあるので、そんな思い出話も書いてみたいなと考えています。

最新コメント

月別アーカイブ

何かお捜しなら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。